松下耕の里程標的作品のひとつである「夏がきた」がピース楽譜としてリニューアル出版となりました。工藤直子の詩をテキストとして、まるで絵本をめくるような喜びと楽しさにあふれています。作曲者のハンガリー留学中に書かれたこの作品は、当然のことながらハンガリーの合唱音楽の影響を大きく受けており、日本語をテキストとした純正な響きのアカペラ合唱曲のレパートリーを作ろう、という意欲が随所に感じられます。作曲から20年以上を経た今も色あせることなく、真夏の青空に浮かぶ真っ白な入道雲のごとく輝きをもって私たちの胸に響きます。

ISBN 9784905281863
判型 A4判 20ページ
定価 本体 700 円 +税
作曲 松下 耕 → プロフィール
編曲
作詩 工藤 直子
訳詞
編成混声 調性
声部数4 編成声部SATB div.
言語1日本語 言語2ローマ字
伴奏無伴奏 演奏時間3'45"
曲明細を表示する