信長貴富が新進気鋭の作曲家であった頃の作品が20年の時を経て待望の出版となりました。万葉集に収められた、「春愁三首」と呼ばれる大伴家持の三つの和歌をテキストとし、引き延ばしや説明的な描写を一切排除することで、和歌に凝縮された美を音楽で表現することが試みられた作品です。練られた和音進行とポルタメントを伴う旋律が古の世界を幻想的に浮かび上がらせます。

ISBN 9784866040004
判型 A4判 12ページ
定価 本体 500 円 +税
作曲 信長 貴富 → プロフィール
編曲
作詩 大伴 家持
訳詞
編成混声 調性
声部数4 編成声部SATB div.
言語1日本語 言語2ローマ字
伴奏無伴奏 演奏時間6'30"
曲明細を表示する