混声合唱曲「楽譜を開けば野原に風が吹く」

福島県合唱連盟の創立70周年を記念して委嘱され、「夜明から日暮れまで」に続くものとして書かれた作品です。一度聞いたら忘れられないドラマティックなメロディーとそのスケールの大きな音楽は、数ある信長作品のなかでも一二の人気を争うような存在となることでしょう。

*オーケストラ伴奏のスコア・パート譜をレンタルでご提供しています。詳細はメールまたはお電話にてお問い合わせください。

ISBN 9784866040479
判型 A4判 20ページ
定価 本体 800 円 +税
作曲 信長 貴富 → プロフィール
編曲
作詩 和合 亮一
訳詞
編成混声 調性
声部数4 編成声部SATB div.
言語1日本語 言語2ローマ字
伴奏ピアノ 演奏時間6'00"
曲明細を表示する