1991年に起きた旧ユーゴスラビアの内戦を記した山崎佳代子の詩をテキストとして、NATOの空爆によって亡くなったという兄妹のことなど、消されてしまった命を記すという作業の中から生まれた言葉の数々は、私たちに重く迫ってきます。世界では相変わらず争いが絶えず、憎しみの連鎖を断ち切ることができません。そんな今だからこそ多くの若い合唱団に取り上げていただきたい「祈り」の作品です。

ISBN 9784905281825
判型 A4判 68ページ
定価 本体 1,900 円 +税
作曲 松下 耕 → プロフィール
編曲
作詩 山崎 佳代子
訳詞
編成混声 調性
声部数4 編成声部SATB div.
言語1日本語 言語2ローマ字
伴奏無伴奏 演奏時間31'00"
曲明細を表示する