地元岡山を中心に音楽活動を続ける作曲家野村靖子による女声合唱とピアノのための組曲です。テキストは著者の娘が手掛け、「誰もが何らかの形で向き合う生と死」をテーマに、全4曲から構成。「人が生きること」を「ひかり」を通して見つめた詩と、女声合唱独特の柔らかく温かいハーモニーや、星や月、宇宙といった壮大なスケールをえがいた音楽は、聴くものを不思議な世界へと引き込みます。

ISBN
判型 A4判 36ページ
定価 本体 1,500 円 +税
作曲 野村 靖子
編曲     
作詩 林 弥由
訳詞     
編成女声 調性    
声部数3 編成声部SSA div.,SSA div.+Soli
言語1日本語 言語2    
伴奏ピアノ 演奏時間    
曲明細を表示する