第1回日本国際合唱作曲コンクール(ICCC Japan 2015)の第1位入賞作品。ヴェルディが「聖歌四篇」の第1曲「Ave Maria」に用いたことで知られている“謎の音階”と呼ばれる、長調と短調の性質を合わせもつ音階が生み出す新鮮な響きに包まれる作品です。ともすれば聴き馴染みのない音として違和感が生じるところを、作曲者は5度の響きを大切にすることで解消し、この音階の内に潜む豊かさの表現に成功しました。ホモフォニ-とポリフォニーを絶妙に取り入れるなど、見事なバランス感覚で成立している音楽です。

ISBN 9784905281962
判型 A4判 8ページ
定価 本体 400 円 +税
作曲 DE GIACOMETTI, Raffaele → プロフィール
編曲
作詩 訳詞
編成混声 調性
声部数4 編成声部SATB
言語1ラテン語 言語2
伴奏無伴奏 演奏時間5'00"
曲明細を表示する